この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Passion/Donna Boyd

The PassionThe Passion
(1999/09/07)
Donna Boyd

商品詳細を見る


The Devoncroixシリーズ 1。
スケールの大きい、まさしく「大河小説」という名に相応しいストーリー。ロマンスはかなり薄め――というか、これってロマンス小説??? ^^;
パラノーマル 19世紀~現代
まほろば的評価 ★★★★★
Heart of the Wolf シリーズ のRebecca Flandersが、Donna Boydという名前で書いた人狼の世界。
Heart of the Wolf シリーズも"The Passion"も、基本的には同じ人狼の世界が描かれているのですが、後者はさらにレベルアップしたすばらしい大河小説になっています。
Donna Boydのオリジナリティ溢れる物語はスケールも大きく、深遠なテーマを扱っており、単にジャンルをパラノーマルと限定してしまうのはもったいない。
とにかく、ハーレクインのお手軽ハッピーエンド(←決して悪い意味ではない)に慣れた身には、刺激が強かった。がつんときました。読み終わったあと、かなり落ち込みましたもの。いえ、それだけ物語にどっぷりと浸かっていたということなんですけどね。
高慢と偏見がいかに大きな不幸を呼ぶか、そしてその不幸は後々どれほどの影響力を人々に(人狼たちに)与えるか、恐ろしいほど巧みに語られています。
美しくも悲しい話が好きな人にオススメ。

■ the Devoncroix Web site

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(2)   Trackbacks(0)

Comment

ちはや URL ≫ EDIT
先ほど翻訳版を読み終えたのですが、私はテッサが苦手でした(~_~;
私的には兄ちゃん以外魅力的なキャラが見当たらなかったし。。
あっ、毒舌近侍がいたわ(笑)

でもこの一族がどうなるのか気になるので7月発売のThe Promiseも買う予定です。
2010年04月09日 (Fri) 20:26
まほろば URL ≫ EDIT
ちはやさん、こんばんは~♪
おお、さっそく読まれましたか。ちょっと毛色の変わった作品だったでしょ?

> テッサが苦手

わたしは、ただただ哀れな娘さんだなぁと涙しました。(T_T)

> 兄ちゃん以外魅力的なキャラが見当たらなかった

たしかに。^^;
わたし、ラストにはアレキサンダーに飛び蹴りをくらわしたいと思いましたもの。
どの面下げてそんなことを言う!と怒った記憶があります。

> 7月発売のThe Promise

あらら、2巻も出版されるんですね。こんなマニアックな話を……びっくりです。(笑)
2010年04月09日 (Fri) 21:34














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。