この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All About Love/Stephanie Laurens

All About Love (Cynster Novels)All About Love (Cynster Novels)
(2001/02/01)
Stephanie Laurens

商品詳細を見る


Bar Cynsterシリーズ 6。
5のヒーローの弟、アラスデア(ルシファー)のお話。
ヒストリカル リージェンシー
まほろば的評価 ★★★
従兄弟たち、そして兄が次から次へと結婚し、一族最後の結婚適齢期にある独身男性になってしまったルシファー。自分の娘を押しつけようと奮闘する上流社会のおばさま連中から逃れようと、田舎に住む恩師の屋敷へ向かった。ところが、そこでルシファーを迎えたのは恩師の死体だった。
殺人犯にまちがわれた彼を助けたのは、治安判事の娘フィリダ。ルシファーはフィリダと協力して、犯人を追うことになる。

今回おもしろいのは、結婚アレルギーなのがヒロインのフィリダだということ。
ルシファーはフィリダに一目ぼれ(?)で、「ついこの間まで結婚したくないって言ってたじゃない!」と突っ込みを入れたくなるくらい、ころりと趣旨替えしてフィリダ獲得にがんばります。
生まれも育ちも容姿も申し分ないフィリダには、求婚者がわんさか。彼女の結婚観は、オースティンの『エマ』の主人公エマに似てます。それなりの社会的地位にいるし、お金にも困っていない。何不自由のない生活をしているのに、どうして結婚しなくちゃいけないの? って感じ。おまけに、イマイチろくな求婚者がいないしね。あんな男たちと結婚するくらいなら、独身でいる方がマシというところでしょうか。^^;

シンスター一族勢ぞろいのエピローグは、Bar Cynster最後の巻にふさわしいものとなっています。シリーズ第1作目の主人公にして一族の長デビルには次男も生まれ、セント・アイヴス公爵家は安泰。「公爵の威厳はどこへいった?」と従兄弟に言われるくらい、奥さんにめろめろです。
次巻は、シンスター一族名誉会員チリングワース伯爵、その次はデビルのお父さんとお母さんの話と、どんどん話の輪は広がっていきます。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。