この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Man/Linda Howard

Dream ManDream Man
(1998/01/01)
Linda Howard

商品詳細を見る


ロマンチック・ミステリ
まほろば的評価 ★★★★★
この本にはちょっとした思い出がありまして。^^;
当時のわたしはネット上でリンダ・ハワードが話題になっていたのを知っていても、諸般の事情で洋書を手軽に手に入れるすべを持っておらず、指をくわえて見ているだけでした。
そして、アメリカ西海岸を旅行した際にやっと現地の本屋さんでゲット。
うれしかったので帰りの飛行機のなかで眺めようと(辞書なしではまともに読めないけれど、眺めて楽しむことはできる^^;)機内持ち込みをしたのでした。
席についてさっそくごそごそと"Dream Man"を取り出して見ていると、フライトアテンダントがなにやらラミネート加工されたものをわたしに渡すではありませんか。
「(もちろん英語で)最前列の座席のお客さまだけにこの説明書を読んでいただくことになっているので、よろしくお願いしますね。本を読んでいらっしゃるくらいだから、この説明書も読めますよね (――というような趣旨のことを言ったと思う、たぶん (汗))」と、にっこり。
わたしもつられてにっこりと受け取ったものの、肝心の内容は??? (@_@)
どうやら最前列のわたしの席にはなにか仕掛けがあって、非常時の場合にはあれをしろ、これをしろ――みたいなことが書かれていたみたいなんですけど、さーーっぱりわかりませんでした。
ああ、なにごともなく帰ってこられてよかったよ。(笑)

何回か海外に行きましたが、飛行機でラミネート加工された説明書を特別に渡されたのは後にも先にもこれ一回きり。最前列の席に座ったのが、これ一回きりだったせいかもしれませんが。
どの航空会社も最前列の座席の乗客には特別な説明書を渡すんでしょうか? それとも、あの航空会社だけだったのかな。
それにしても、フライトアテンダントさん、相手が洋書を読んでいるからといって、安心して英語の説明書を読めと言ってもダメですぜ。
わたしみたいな輩がいるんだから。(笑)


夜を忘れたい (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)夜を忘れたい (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
(2001/07)
リンダ・ハワード林 啓恵

商品詳細を見る


3年後に日本語で読めるようになるとは、あのときはまったく思いませんでした。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。