この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Wedding/Julie Garwood

The WeddingThe Wedding
(1997/04/01)
Julie Garwood

商品詳細を見る


スピンオフ2作品となっています。
1.The Bride 2.The Wedding の順番でどうぞ。
ヒストリカル 中世
まほろば的評価 ★★★★★

★4つに近い5つというところかな。

身内の裏切りで、スコットランドの一領主だった父親を殺されたコナー・マカリスターが頼った先が、お隣の領主アレック・キンケイド。"The Bride"のヒーローです。
アレックが結婚して約一年が過ぎた頃で、コナーは九歳か十歳。このときから二人の本当の兄弟のような信頼関係が始まります。
Amazon.co.jpのBook Descriptionに、ヒロイン、ブレナが子供のときコナーにプロポーズしたと書かれていたので「幼馴染みもの」かと思っていたのですが、そうではありませんでした。
お転婆が過ぎて危ない目に遭った幼いブレナ(当時五歳くらい)が、たまたま客として居合わせたコナー(当時十五歳くらい)に助けられ、衝動的に「あたしと結婚して♪♪」と迫っただけなのでした。その後二人は大人になるまで会うことはなく、ブレナはコナーのことなんかすっかり忘れてます。(笑)

物語の核は、コナーとブレナのロマンスと、一族を裏切ってコナーの父親を殺したのは誰かというミステリの二本立て。
ロマンス部分は、コナーとブレナの関係が"The Bride"のアレックとジェイミーのそれとよく似た感じがどうしても拭えなかったのが残念。でも、とにかく純心可憐、一途なブレナは魅力的なヒロインで、そこらへんのヒストリカルとは比べものにならない質の高さです。
ミステリ部分は最後の最後まで真相が明らかにされず、ブレナの兄弟姉妹まで巻き込んでの大大円は、さすがガーウッド。おおっ!と感動されてくれます。

メダリオンに永遠を誓って (ヴィレッジブックス F カ 4-6)メダリオンに永遠を誓って (ヴィレッジブックス F カ 4-6)
(2008/01)
ジュリー・ガーウッド

商品詳細を見る

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。