この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Portrait in Death/J.D. Robb

Portrait in DeathPortrait in Death
(2003/02/25)
J.D. RobbNora Roberts

商品詳細を見る


Deathシリーズ16。
ロークファン必見! ローク自身も知らなかった彼の出生の秘密が明らかに!
未来 ロマンチック・ミステリ
まほろば的評価 ★★★★★
ロークが設立した、虐待を受けた女性と子どものための施設<ドーハス>に、新しいチーフ・カウンセラーとしてモイラ・オバニオンが就任した。
ロークに紹介されたモイラは言う。
「わたしはあなたのお母さんを知っています。ダブリンで生後六ヶ月に満たないあなたにも会っているんですよ」
モイラの目的はなにか? 果たして彼女の言うことは真実なのだろうか?

『復讐は聖母の前で(Vengeance in Death)』では、ロークのダブリン・暴れん坊時代が明らかになりました。この巻、"Portrait in Death"では、ロークの父親と母親のこと、ロークが赤ん坊だったときに起こった悲劇が明らかになります。
これでロークの過去は読者にもわかるようになりましたが、イヴのほうは相変わらず情報量は少ないです。イヴの過去はいつはっきりするんでしょうね?
過去で思い出しましたが、どこかの巻でロークの父親とイヴの父親は、ずーーっと昔、犯罪者仲間かなにかだったという記述があったような……。どこに書いてあったっけ? ああ、トリ頭で思い出せない。^^;

おもしろいと思ったエピソードをひとつ。
おなじみのチョコバーのお話。イヴが本物のチョコバーを食べていると、ピーボディがやってきます。
「わ♪♪ それ、本物のチョコですよね。大豆じゃなくて本物ですよね。おいしそう♪ ひとかけ、くださ――」と言うか言わないかのうちに、イヴは残りを全部食べちゃう。(笑)
普段はお昼をおごったりとか気前のいいイヴですが、チョコレートに関してだけはケチなのだ。(爆)

弔いのポートレート (ヴィレッジブックス F ロ 3-16 イヴ&ローク 16)弔いのポートレート (ヴィレッジブックス F ロ 3-16 イヴ&ローク 16)
(2007/10)
J.D.ロブ

商品詳細を見る

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(2)   Trackbacks(0)

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007年07月20日 (Fri) 12:53
まほろば URL
コメントしてくださった方:

コメントありがとうございます。返事が遅くてすみません。ぼ~っとして気づきませんでした。<m(__)m>

えっと、まだ読んでいないんですよ。9月になってペーパーバックが出たら読もうと思っています。読んだらブログに書きますので、そのときはまたよろしくお願いします。
2007年07月25日 (Wed) 16:52














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。