この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Divided in Death/J. D. Robb

Divided in Death (In Death) Divided In Death (In Death)
J. D. Robb (2004/08/07)
Berkley Pub Group (Mm)

この商品の詳細を見る


Deathシリーズ 18
ロークの優秀で忠実なアシスタント、カーロの娘が夫を殺した? カーロがロークのところで働くようになった経緯もわかります。
未来 ロマンチック・ミステリ
まほろば的評価 ★★★★
この巻からハードカバーでまず出版されるようになったし(わたしはハードカバーは買わない主義。高いし、置く場所もないから)、邦訳はヴィレッジブックスから出るからいずれは日本語で読めるし、もうこのシリーズ原書で読むのはやめちゃおうかな……と思ってました。
でも、洋書バーゲンでペーパーバックを見つけて、買っちゃったのでした。ま、そんなもんさっ。^^;

今回のメインテーマは、「正義」についてのイヴとロークの解釈のちがい――かな。これだけ考え方に隔たりのある男女が夫婦になると、ほんと苦労の連続。

わたしのえこひいきキャラ、ドン・ウェブスターがちらりと登場。
「ぼくはきみの味方だ」と応援してるのに、イヴはひとこと「Get out.」かわいそ~なウェブスター君なのでした。

優秀でおたくな検死官のモリス。
出番は少ないながら、ちょっとした光を放つ存在だとわたしは思っているのですが、彼、大学時代にサクソフォンを吹いていたことが判明。今でもセッションしているようで、そのバンド名がなんと"The Cadavers(解剖用の死体)"。すごい名前だ(笑)
メイヴィスは「ジャムセッションしようねぇ♪」と誘っていたので、そのうちものすごいライヴが実現するかも。

報いのときは、はかなく イヴ&ローク19 (ヴィレッジブックス)報いのときは、はかなく イヴ&ローク19 (ヴィレッジブックス)
(2008/11/20)
J・D・ロブ

商品詳細を見る


翻訳版では 『あの頃を思い出して(Remember when)』 をシリーズ18として出版しているので、この巻からわたしの数え方とズレが生じています。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。