この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Selection/Kiera Cass

The SelectionThe Selection
(2013/03/26)
Kiera Cass

商品詳細を見る


The Selection シリーズ 1
イケメン二人に想われて、どっちかなんて選べな~い
――って、こういう設定はYAにゴロゴロしてないか? ^^;
ヤングアダルト SFファンタジー
まほろば的評価 ★★★★

未来のアメリカが舞台。といってもアメリカという国はなくなっています。
経緯は、
1.第3次世界大戦後、アメリカは中国から多額の借金をした。
2.アメリカはそのお金を返済できなくて破綻。中国に乗っ取られて、"The American State of China (ASC) " となる。
3.ロシアが ASC に侵攻。
4.救国の英雄グレゴリー・イリーアが現れ、ロシアから ASC を救う。
5.グレゴリー・イリーアは王となり、イリーア王国建国。
とまあ、こんな感じで、アメリカ合衆国はイリーアという王国になっています。

その王国の世継ぎの王子さま、マクソンが19歳になり、お嫁さんを選ぶコンテストが開催されます。(イリーア王国の成人年齢は19歳。そして結婚適齢期は20歳前後っぽい)
それが、この本のタイトルにもなっている "The Selection" 。
応募は16歳から20歳の女性なら誰でもOK。各州から1人ずつ選ばれ、35人(つまり35州ある)が宮殿に集まって妍を競うわけです。
ヒロインのアメリカ(そう、亡き国の名前の女の子なのだ)は17歳。将来を誓った人、アスペンがいるので王子さまには全く興味はなかったけれど、いろいろワケアリで "The Selection" に渋々参戦することに。
意外なことにマクソン王子は外見も性格もナイスガイで、17歳の乙女心は揺れ動きます。
おまけにアスペンが宮殿を守る兵士となって辺りをうろちょろ(笑)するものだから、話はさらにややこしい。
えっと、基本的に三角関係というのは嫌いなんですが、ヒロインはもとよりマクソン、アスペンも全員がティーンエイジャーだったので許せてしまいました。
まだ若いんだから、いろいろな人と付き合って視野を広げてちょ~だい、という感じで。
これが30前後だったら、いいかげんにしろって腹を立てただろうなぁ……。^^;
イリーア王国って厳しいカースト制が敷かれていて職業選択の自由はないし、貧富の差は激しいし、住みやすいところではないです。
王権も安定してなくて宮殿はしょっちゅう暴徒に襲われるし、他国と戦争もしているし、そんな王家の嫁となっても幸せになれるか、かなり疑問なんですけどね。
でも、マクソンもアスペンもアメリカも、それぞれ様々なしがらみに囚われながら幸せになろうと精一杯がんばってます。
応援したくなるんですよ、こういう主人公たちには。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(2)   Trackbacks(0)

Comment

えみる URL
No title
初めまして^^

以前海外のお友達に
「ティーンのうちに読んでおくべきだよ!」
と言われたのがこの本で、どんな本なのかを調べていたらこのブログにたどり着きました。

私も読んでみたいなぁと思っているのですが、英語で、しかも複雑な人間関係となると難しそうで…^^;
一冊、約何ページくらいあるのでしょうか…(・・)??

でもだいたいのあらすじがわかって良かったです(*´▽`*)
ありがとうございます:)!
またブログ読ませていただきます!(^^)!
2014年05月11日 (Sun) 15:25
まほろば URL ≫ EDIT
コメントありがとうございます
えみるさん

人間関係は特に複雑ではないですよ。
ただ、コンテストに35人もの女の子たちが宮殿に集まるので、一時「登場人物多すぎ!!」という事態にはなりますが、すぐに淘汰されて数が減りますので大丈夫。
英語も読みやすいと思います。
ストーリー的にはいろいろツッコミどころはありますけどね。^^;
夢のように豪華な宮殿、すてきな王さまとお妃さま、そしてハンサムな王子さま。しかし、その王国の実態は……
というお話に興味がありましたら、この "The Selection" を読んでみてくださいね。(^_^)
2014年05月12日 (Mon) 21:47














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。