この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Breakaway/Deirdre Martin

Breakaway (Berkley Sensation)Breakaway (Berkley Sensation)
(2012/02/07)
Deirdre Martin

商品詳細を見る


NYブレーズ・シリーズ 9
本編じゃなくて番外編のような話でした
コンテンポラリ アイスホッケー
まほろば的評価 ★★

アイルランド出身のローリー・ブレイディは、NYブレーズで活躍するアイスホッケー選手だ。
成功街道を突き進むかのように見えるローリーの心残りはひとつ。
それは故郷に残してきたエリン・オブライエン。
若気の至りから結婚の約束を反故にしてしまったが、やはり愛する女性はエリンしかいない。
エリンを取り戻すべく、ローリーはNYから懐かしい故郷アイルランドへ戻ったが……。

前作の "Icebreaker" で昔ながらのプレイスタイルを貫くヒーローと変わりゆくアイスホッケー業界の確執を愛情たっぷりに描いた前作がすばらしかっただけに、ものすご~~~く期待して読んだ本作でしたが、みごと裏切られました。(-_-;)
まず、舞台設定。
ローリーはシーズンオフを利用して故郷のアイルランドに帰るので、アイスホッケーはまったく無関係。わたしの大好きな、ロッカールームでの選手同士の楽しい会話とか、勝利に向かって一致団結するとか、そういうシーンは一切ありませんでした。
ローリーのポジションすらわからず仕舞い。^^; 
次に人間関係。
ディアドリ・マーティンは、NYにあるアイリッシュパブ〈ワイルド・ハート〉を経営するオブライエン一家を主人公にした Wild Hart Saga というシリーズも書いていますが、ローリーの故郷は Wild Hart ゆかりの人々が住んでいるアイルランドの田舎です。
そもそもヒロインのエリンは、姓がオブライエンで親戚だし。^^;
Wild Hart を読んでいないわたしには、「あれ、この人物は???」と引っかかる箇所がいくつかあり、NYブレーズを読んでいるはずなのに、Wild Hart を読まされているような気持になってしまいました。
シリーズのコラボは別に構わないけれど、本作はあくまでもNYブレーズなんだからそのように書いてもらわないとねぇ。Wild Hart 色が強く出すぎているように感じました。
う~ん、大好きなNYブレーズ・シリーズで★2つ評価とは残念だわ。
次の巻はどうなっちゃうんでしょ。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。