この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Changing the Game/Jaci Burton

Changing the Game (A Play-by-Play Novel)Changing the Game (A Play-by-Play Novel)
(2011/08/02)
Jaci Burton

商品詳細を見る


Play by Play シリーズ 2
この兄にしてこの弟あり。やっぱり逃げられると追いかけたくなるのさっ♪♪
コンテンポラリ 野球
まほろば的評価 ★★★★

ギャヴィン・ライリーは29歳、メジャーリーグ、セントルイス・リバーズの一塁手だ。
最近、エリザベス・ダーネルに避けられているのが気になって仕方がない。エリザベスはギャヴィンより4つ年上の美女で冷静有能なスポーツエージェントだが、兄ミックとトラブルを起こしてミックから解雇されていた。
僕からも解雇されると恐れて逃げているのか?
ミックは確かに仲のいい兄だが、僕は盲目的に追従することはしない。
よし、今度こそエリザベスを捕まえてきっちり片をつけてやるぞ。

ヒロイン、エリザベスはギャヴィンとミックのエージェントでしたが、前作 "The Perfect Play" でミックを怒らせ解雇されてしまいました。ビジネスに徹するあまり、「情」の部分をついないがしろにしてしまったんですね。
完全に悪役だったエリザベスが本作でどんなふうに描かれるか、興味しんしんでした。
厳しい男社会で生き残っていくタフな面、7年前初めてギャヴィンに会ったときからずっと抱えてきた恋心を隠し、プロに徹してエージェントとして尽くしてきた面等々、成功もすれば失敗もする人間味のあるヒロインでした。
ギャヴィンは才能あふれるハンサム大リーガーで、昔から女性に不自由したことはなし。女性関係で苦労したことがないので、女心にちょっと無神経でエリザベスを傷つけてしまうこともありますが、根はとても優しいジェントルマンです。
この二人、エージェントとクライアントとしては信頼関係を結べていますが、さてさて男と女としては……。
もちろんラブシーンは
が好きな方は量、質ともに大満足まちがいなし。太鼓判を押します。(笑)
わたしとしては、ロマンスはもちろんですがギャヴィンとミックの関係にとても引きつけられました。
良くも悪くも、ミックは「兄」でギャヴィンは「弟」なんですよね。前作を読んだときも感じましたが、お互い大切に思い合って仲がいいけれど競争意識や嫉妬はやっぱりあって、兄弟関係の描写がうまいなあと感じました。
ジェイシー・バートンって、今の時点では2冊ほど翻訳されているんでしたっけ?
なんでこの Play by Playシリーズが翻訳されないのかな。こっちのほうがずっと……あわわ(笑)

さて、次巻はライリー家3きょうだいの末っ子にして一人娘のジェンナ。お相手は本作で新しくエリザベスのクライアントとなった、アイスホッケー選手のタイです。
来月3月に発売とか。
楽しみだわ~♪(いつ読むのか未定だけど)

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

TAG : PlaybyPlay
Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。