この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New York to Dallas/J.D. Robb

New York to Dallas (In Death)New York to Dallas (In Death)
(2012/03/06)
J.D. Robb

商品詳細を見る


In Deathシリーズ 33
舞台はNYからダラスへ。(タイトルのまんまww)
過酷な試練がイヴを襲う。
近未来 ロマンチック・サスペンス
まほろば的評価 ★★★


J.D. Robb の名誉のためにいっておくと(笑)、クオリティが落ちてるから星3つじゃありません。
辛すぎるのよ、内容が!!!
皆さまご存知のとおり、ダラスはイヴの鬼門。
そんなところへ行くとなれば、イヴが精神的にのた打ち回るほど苦しむのは当然で、これでもかこれでもかと作者からいじめられております。
ううぅ……、読んでいてとっても辛かったわ。あんまり辛かったんで、評価を下げちゃった。(^^ゞ
とはいえ、興味をそそるエピソードはたくさんありました。
フィーニーがイヴを殺人課に引き抜いた経緯とか、イヴの生みの母親は今どうしているとか……。
そう、今回はイヴの生みの母親が登場します。
これでイヴとロークそれぞれの両親が明らかになったわけで――と、ここまで書いてふと思ったんですが、これでぼちぼちシリーズ終結に向かう、なんてことはないですよね?
ね? ね?

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

TAG : InDeath
Comments(3)   Trackbacks(0)

Comment

のだめ URL ≫ EDIT
こんにちは。はじめまして。
実は、ちょくちょく拝見しているのですが、コメント出す勇気が出ず~。今回 イブ&ロークの新作に合わせてお邪魔しました。翻訳はまだまだ原書に追いつきませんが、いつもまほろば様のレビューで読んだ気になってます。今回はタイトルも in Death ではないし、そろそろ終盤かと私も思ってしまいました。さみしい~。とら次郎様とは某ロマンスサイトオフ会で2回ほどお会いします。まほろば様は関西の方ですか?機会がありましたら、ぜひ・リアルお目にかかって、アレコレご教授いただきたいです。
2012年02月14日 (Tue) 13:31
まほろば URL ≫ EDIT
いらっしゃいまし~♪
のだめさん
コメントありがとうございます。恥ずかしがらず、お気軽にどうぞ。(^_^)

> そろそろ終盤かと私も思ってしまいました。

そうなんです。考えすぎかもしれませんが、どうも少し前の巻からラストに向けて下準備してるような気配が感じられるんですよねぇ……。
でも、キャンディバー盗難の犯人はまだ謎のままです。犯人が逮捕(笑)されたら、いよいよシリーズ終結かも。(爆)
2012年02月14日 (Tue) 18:42
のだめ URL ≫ EDIT
キャンディバー泥棒、まだつかまらないのですか~。一部ファンの間ではイヴたちの結末よりも話題になってるのですが(^0^) 犯人逮捕とイブの妊娠?がシリーズ終結★とのだめも思います。
早速のレス、ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。(実はBDBも好き♪)
2012年02月14日 (Tue) 20:53














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。