この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To Catch An Heiress/Julia Quinn

To Catch an HeiressTo Catch an Heiress
(2002/07/30)
Julia Quinn

商品詳細を見る


みごとに地雷を踏んでくれたましたよ、このヒロインは。
ヒストリカル リージェンシー
まほろば的評価 ★★
(警察署長のジャックと、犯罪に巻き込まれて身の安全をはかるため近くのモーテルに身を隠したデイジーの会話)
ジャック: そこを抜け出したのかと思った。
デイジー: 抜け出した? ちょっとのあいだ外に出たとか、なにか食べに行ったとかじゃなくて、ここからいなくなるってこと? わたし、あなたに馬鹿だって思われるようなことをしましたっけ? ここにいれば安全なのよ。出かけるはずないでしょ。映画ならよくあるけど。女や子どもが指示に従わずに、やるなと言われたことをわざわざやって、自分もまわりも危険にさらしてしまうの。いつも思ったわ、そこまで馬鹿なら、馬鹿の種を撒き散らす前に死んじまえって。

リンダ・ハワード作 『パーティーガール』より

*****************

わたしもデイジーの意見に100%賛成でございます。だから、この"To Catch An Heiress"のヒロインにはムカついた。(笑)
家でおとなしくしてろって言われているのにのこのこ外にでて、ヒーローと敵の戦いの場面にしゃしゃりでるんです。
でも、なぜなんでしょうね。こういうことをするヒロインにかぎって、賢いという設定になっている。全然賢くないって! 単なる馬鹿だって!

実はわたし、Bridgertonシリーズを読もうと思っていたんです。
でも、ジュリア・クインの作品は今まで1冊も読んだことないし、Bridgertonシリーズはそれこそながーーーいシリーズですから、まぁ、とりあえず慣らしになにか1冊単発ものを読んでみようと思い立ったわけです。
それで選んだのがコレ。
完全に失敗でした。おかげで、Bridgertonシリーズを読む気が失せてしまいました。^^;
ま、いいか。このシリーズ、ラズベリーブックスから出るそうですし。でも、順番がまたバラバラのようで。どうしてせっかくのシリーズものを順番に出さないんでしょう? 不思議だ。

■ Julia Quinnホームページ

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。