この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Power Play/Deirdre Martin

Power Play (Berkley Sensation)Power Play (Berkley Sensation)
(2008/10/07)
Deirdre Martin

商品詳細を見る


NYブレーズ・シリーズ 7
筋金入りのプレイボーイ、そろそろ年貢の納めどき
コンテンポラリ アイスホッケー
まほろば的評価 ★★★★★

モニカ・ギアリーは人気メロドラマの主演女優。
ドラマは高視聴率を誇り、女優としてのキャリアは順風満帆――のはずだったが、最近昼メロ専門雑誌に話題性に乏しいと叩かれ、さらには新人女優が新たに番組に加わることになり、ちょっぴり危機感を持ちはじめていた。
そういえば、このところ営業活動をほとんどしていなかったわ……。
モニカはエージェントと相談し、『ピープル』でホットな独身男性50人のうちのひとりに選ばれたアイスホッケー選手、エリック・ミッチェルに恋人のふりをしてもらい、ショービズ界に華やかな話題を振りまくことにする。
だがエリックはマッチョで傲慢、典型的なアスリートタイプ。
「なんていけ好かない男なんだろう」初対面でモニカが抱いたエリックの印象は最悪だったが、付き合っていくうちにその印象がどんどん変わっていき……。

今季のNYブレーズ
ヘッドコーチ:タイ・ギャラガー(シリーズ1
アシスタント・コーチ:マイケル・ダンテ(シリーズ2
副キャプテン:ジェイソン・ミッチェル(シリーズ5) 

エリック・ミッチェルはジェイソンの双子の兄。今季から、トレードでNYブレーズの一員となりました。
実力のあるいい選手なんですけど、口は災いのもと、初日くらいおとなしくしていればいいものを、大口叩いてさっそくチームメイトから総スカンをくらってしまいます。
これはなんとかしないといけないと焦ったエリックにとって、モニカの偽りの恋人役は渡りに船の申し出でした。
というのも、チームメイトたちはメロドラマがだ~~い好き♪♪ 主演女優のモニカのことを崇め奉っています。そのモニカと付き合っていると知れば、皆エリックのことを見直して仲間として受け入れてくれるだろうと踏んだわけです。
ロード(遠征)中の選手たちは、午前中の練習を終えると夜の試合まで何もすることがありません。試合があるから遊びに出るわけにもいかずホテルに缶詰状態で、昼メロを見て暇をつぶしていたんですね。(笑)
二人が付き合っているとメディアに頻繁に取り上げられるようになってモニカは満足(ゴシップも営業のうち)、チームメイトから一目置かれるようになってエリックも満足。
偽恋人作戦は大成功――のはずでしたが、ロマンス小説愛読者ならばお察しのとおり、お互いのことをよく知るようになるにつれ、恋人のふりがふりではなくなってすったもんだが起こります。

エリックの性格がさまざまなできごとを通して多面的に描かれ、とても魅きつけられました。
たしかに鼻持ちならないところが多々ありますが、モニカの女優としてのキャリアを尊重して心から思いやり、両親にとってはよき息子、ジェイソンとは仲のよい兄弟、そして真剣にアイスホッケーに打ち込む姿を読んだあとでは、ちょっとした心の迷いでモニカにひどい仕打ちをしてしまっても嫌いにはなれません。
モニカを傷つけて別れてしまったことを深く反省し、きちんと謝って愛を告白してよりを戻そうと努力する姿はなかなかよかったですよ。特にモニカに捧げた詩には大いに笑わせてもらいました。エリック本人は大真面目に作ったもので、すばらしい出来と自画自賛してましたけどね。
ロッカールームでのチームメイト同士の会話もユーモアたっぷりで笑えました。そして、今では定番となった「げんかつぎ」の描写も楽しい♪
それから、シリーズ6のアンソニーとマイケル同様、エリックとジェイソンの兄弟描写がナイス。ディドレ・マーティンは兄弟を描くのが本当に上手です。ということで、このシリーズは基本的に順番に読まなくても、一冊だけ読むのもOKですが、なるべくなら "Chasing Stanley" と "Power Play" をセットで読むことをお勧めします。

さて、タイトルのパワープレー。
反則によるペナルティーボックスでどちらか一方の人数が少なくなった場合、人数の多いチームは大きな得点チャンスを得ることになります。この状態をパワープレーと言います。
プレイヤーの人数は6人。ペナルティーボックスに2人も入っちゃって、6人対4人の試合を見たことがありますが、あれはかなり悲惨でした。^^;

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。