この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Penalty Box/Deirdre Martin

The Penalty Box (New York Blades)The Penalty Box (New York Blades)
(2006/03/07)
Deirdre Martin

商品詳細を見る


NYブレーズ・シリーズ 4
過去と折り合いをつけて、明日に向かって前進!
コンテンポラリ アイスホッケー
まほろば的評価 ★★★★

いじめの対象となって惨めな高校生活を送ったケィティ・フィッシャーは、同窓会には絶対に出ないつもりだった。
しかし母親の強い勧めに渋々参加すると、そこにはポール・ヴァン・ドーンがいた。
子供のころからアイスホッケーの選手として活躍し、ドラフトでNHLの名門NYブレーズに入団したポールは、地元ディズベリーに綺羅星のごとく輝くスーパースターだ。
同窓会会場で転びそうになったケィティをポールが助けたことから、二人はどんどん親しくなっていくが……。

シリーズ2でマイケルの脅威となっていた新人、ポールがヒーローです。
あれから5年、とんとん拍子でNYブレーズの※第1ラインとして華々しい活躍をしていたポールですが、その間に3回の脳震盪を経験し、残念なことに28歳の若さで引退を余儀なくされてしまいました。
今は故郷ディズベリーに戻ってバー〈ペナルティボックス〉を経営し、店にやってくるホッケーファンの地元民や観光客相手に、NHL(北米プロアイスホッケーリーグ)の話をしたりサインをしたりしています。
ケィティは高校時代はいじめられっ子で、悲惨な青春時代を送った田舎町ディズベリーが大嫌い。町を出て大学へ通い、いろいろ努力した結果、ファローフィールドという都会の大学で社会学の教授として成功しています。
今は一年間のサバティカル休暇を取って、研究結果を本にするべく帰郷しています。
ディズベリーを出て都会の大学教授としてやりがいのある仕事を持っているケィティと、選手生命を絶たれディズベリーに戻り、やむなくバーのオーナーになったポール。
この二人、過去に捕らわれているのは同じなんですけど、やりがいのある何かを持っているかという点で昔と立場がまるっきり逆になっているのがミソ。
お互いに相手のことを「過去を乗り越えていない」と自分を棚に上げて指摘して(笑)喧嘩しつつ、少しずつ心を通わせていくというおもしろい設定になっています。
それから、分量としては少ないんですが、ポールがコーチする少年アイスホッケーチームの描写が楽しかったです。
9歳と10歳の少年たちがメンバーで、メンバーの半分しかアイスホッケーのルールを知らなかったり、試合中にパックが自分のところにきたら立ち止まって「お父さーん、ぼくのところにパックがきたよ~」なんて言って観客席に向かって手を振る子がいたり。
とっても素直でかわいい子たちです。コーチのポールは苦労してましたけどね。(笑)

さて、タイトルの "Penalty Box" ですが、これはアイスホッケーの試合中に反則をした選手が入るところ。
反則の度合いによって、2分、5分、10分の退場となります。
こんなの ↓

penalty box
(画像をクリックすると大きくなります)


ポールは自分のバーに〈ペナルティボックス〉と名付けますが、これって皮肉が利いてますよね。
彼、しょっちゅうここに入っていたんだろうか……^^;

※ライン
プレーヤーのポジションは、フォワード、ディフェンス、ゴールキーパーの3つ。フォワードはセンター、ライトウィンガー、レフトウィンガーの3人 で構成され、これをラインと呼びます。
チームの主軸となるラインがファーストライン、次がセカンドライン、その次がサードライン。
でもね、わたしみたいな素人が試合を見ても、だれがセンターでだれがウィンガーかなんて全然わかりません。
動きが早くてなにがなにやらさっぱり。(^^ゞ わかるのは、ゴールキーパーだけだ。(笑)
いーんです、わからなくても楽しく観戦できれば。(開き直り~)



ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。