この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fair Play/Deirdre Martin

Fair Play (New York Blades)Fair Play (New York Blades)
(2004/02/03)
Deirdre Martin

商品詳細を見る


NYブレーズ・シリーズ 2
ネバーギブアップ! 恋する男は仕事に恋に大忙し。
コンテンポラリ アイスホッケー
まほろば的評価 ★★★★★

アイスホッケープレイヤー、イタリア系、ブルックリン在住。
PR会社を経営するテレサ・ファルコネッティにとって、マイケル・ダンテは恋人には絶対したくない3大要素をすべて満たしている男性だった。
一方マイケルは、2年前からずっとテレサのことが気になっていた。
親から譲り受けたイタリアンレストラン〈ダンテズ〉の宣伝をテレサに頼み、それをきっかけにして猛アタックを開始するが……。

前巻から2年が経ち、タイは引退してNYブレーズのコーチに就任、ジャンナは独立して親友のテレサとPR会社を経営しています。
本巻ではテレサがヒロインです。
でも、このテレサ、メンタル的にいろいろと問題ありの女性で、わたし的には微妙なキャラでした。
1巻で不幸なできごとがありまして、テレサは心に傷を負ってしまいます。2年たった今もその傷は完全に癒えることはなく、そのためにマイケルとの関係もいまひとつ先に進みません。
でもそれは許せるというか、仕方ないよね、こればっかりはマイケルにも辛抱してもらわないとね、と理解できるんです。
でも、マイケルの優しさにつけこんで彼をキープ男扱いし、あまつさえ見てくれの格好よさに惹かれてハーバード大卒の弁護士と付き合い始めるんなて許せない。
「こりゃあぁぁぁ、何さらすねん!!! ヾ(。`Д´。)ノ彡☆」と、さすがに温厚な(?)わたくしもブチッと切れましたですよ。
この本の評価、★1つにしてやろうかとまで思いましたが、ヒーローのマイケルがそんなわたしの腹立ちを補って余りあるほどのナイスガイでねぇ。
アイスホッケーで培ったネバーギブアップの精神で、いくら邪険にされてもテレサのことを心から気遣い、大切に大切にします。ああ、切ない。
かわいそうにマイケル君、恋もそうだけど仕事もあまりうまくいってないんですね。^^;
あと2、3年で引退かという年齢で先行きが不安だし、背後には彼のポジションを虎視眈々と狙う新人が控えているし。体調に波があってベンチ入りできたりできなかったり、プレイ中にボディチェックをくらって脳震盪を起こしたり。
踏んだり蹴ったりとはこのことかというくらい、災難がマイケルに降りかかります。
がんばれ~、負けるなマイケル!!と読みながらずっと応援していました。
果たしてマイケルはハーバード大卒のライバルを蹴散らしてテレサとハッピーエンドを迎えられるのか? 新人を抑えてポジションを死守できるのか? そして今シーズン、NYブレーズはスタンレーカップへ進むことができるのか?
恋に仕事に大忙しのマイケル君の奮闘ぶりを、ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいです。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。