この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Body Check/Deirdre Martin

Body CheckBody Check
(2003/02/25)
Deirdre Martin

商品詳細を見る


NYブレーズ・シリーズ 1
笑いあり涙ありのスポ根ロマンス。目指せ、スタンレーカップ2連覇!!
コンテンポラリ アイスホッケー
まほろば的評価 ★★★★★

ジャンナ・マクニールは今季から、NY、マンハッタンを拠点とするアイスホッケー・チーム、NYブレーズの広報係となった。
チームのイメージアップを、ひいてはオーナー企業のイメージアップを図るため、選手ひとりひとりに最低3つのチャリティー活動に参加することを義務づけるが、選手たちの反応ははかばかしくない。
それというのも、キャプテンのタイ・ギャラガーが非協力的だからだ。
「俺たちの仕事はスタンレーカップで優勝することだ。オーナー企業のご機嫌をとることじゃない」
初対面から早々に衝突するジャンナとタイ。
だが、有能な広報係と頑固なスター選手の衝突が恋の火花に変わるのに、時間はかからなかった……。

日本ではマイナーもいいところの(爆)アイスホッケー業界を舞台にしたロマンスです。
ルールを知らなくても大丈夫。アイスホッケーのシーズンは9月から翌年の6月まで(もちろん、スタンレーカップに進まないチームのシーズンはもっと早くに終わる)、アメリカ4大スポーツのひとつで(ほかの3つのスポーツよりは落ちるらしい)カナダの国技、選手はマッチョ×2、スタンレーカップはプレーオフで、アメリカ&カナダ合わせて30あるホッケーチームの頂点を決めるもの(わ、ものすごくアバウトな説明だ ^^;)、7試合制で先に4勝した方が勝ちだということさえ知っていればオッケーです。
うん、試合の描写は323ページ中2ページくらいしかないしね。(笑)
それに、NYブレーズのロッカールームの様子は、映画『メジャーリーグ』を彷彿とさせます。ロッカーにお守りを入れている選手がいるところも。(笑)
選手間の強い絆や、チームが一丸となって勝利に向かって戦うさまは、アイスホッケーにかぎらずどのスポーツにでも当てはまることでしょうが、そのあたりを作者は実に上手に描写しています。

さて、本作のヒーロー&ヒロインはともに、立場はちがえど誠実に自分の使命を果たそうと一生懸命がんばっていて、とても好感が持てます。
タイも別に悪気があってチャリティー活動を拒否しているわけじゃありません。ただ、いかにも地域のみなさんのお役に立っていますとばかりに、これ見よがしにマスコミに出るのが嫌なだけです。だから、いいことは、こっそりひっそりやってます。
イメージアップ作戦を拒否されて「何コイツ、いけ好かない!!」と最初は怒っていたジャンナですが、傲慢マッチョを装っているタイの心が実はマシュマロのようにふわふわであることを知るにつれ、華やかなスター選手としてではなく、一人の男性としてタイに惹かれていきます。
タイも体はちっちゃいのにガッツのあるジャンナに惹かれます。でも、ホッケー馬鹿のタイにとって、女性はホッケーへの集中をそぐ邪魔者。単なる遊び、体だけの関係ならいいけれど、真剣交際はご法度主義。なかなか自分の本当の気持に素直になれません。
スランプに陥ると、せっかくジャンナとうまくいってるのに別れを切り出すという馬鹿なことをしてしまいます。
はたしてNYブレーズはスタンレーカップで優勝できるのか、タイとジャンナはうまくハッピーエンドに落ち着くことができるのか、スタンレーカップ運命の5戦目で物語は最高潮を迎えます。
恋愛に関してはヘタレなタイですが、チームのキャプテンとしては最高に格好いいです。萌えます! 練習後、シャワーを浴びて腰にタオルを巻いただけの姿でロッカールームにいるサービスシーンもあります。(笑)
ほかに、始めはうさんくさげに遠巻きにしていたものの、選手たちが広報係として身を粉にして働くジャンナの姿を見てチームの一員として迎え入れるエピソードや、ジャンナを目の敵にする同僚の存在など、見どころがたくさん。
ドキドキワクワクしながら、楽しく読みました。
おまけに、NYブレーズにはタイのほかにもいい男がたくさん揃ってますからねぇ。これから先も期待できそうです。

ところで、タイトルの Body Check は、アイスホッケー用語で「パックを持っている相手方選手に体当たりして、動きを阻止すること」です。激しい体のぶつかり合いは、アイスホッケーの醍醐味ですね。
↓は、2010年バンクーバー五輪、チェコvsロシア
ヤーガーにオベチキンがボディチェクをかけている、とても迫力あるシーンです。
[広告] VPS



■ Deirdre Martin ホームページ

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(2)   Trackbacks(0)

Comment

ことの URL ≫ EDIT
最初に「これ読んでるの~」のつぶやきでタイトル見て吹いたクチです(笑)。
NHL(北米アイスホッケーリーグ)の場合、国際ホッケー規格よりもリンクが狭いし、ゴール裏に対する規則も違うので(ショーパフォーマンス的にそうなっているの。笑)、このボディチェックのがっつんがっつん度合いが倍増していて、それがまた良いの(萌)。
このシリーズでは北米人メインみたいですが、北欧や東欧の選手も多いので、まさにサッカーと並ぶ世界イケメン博覧会なのですww
2010年08月23日 (Mon) 21:18
まほろば URL ≫ EDIT
ことのさん

さっそくコメントありがとうございま~す。(^^)
このシリーズ、他にも "The Penalty Box" とか "Power Play" とか、ホッケー用語がタイトルになっているんですよ。
この "Body Check" がとてもおもしろかったので、ゆっくりとシリーズを制覇するつもりです。
ほんのさわりだけとはいえ、まったく未知だったアイスホッケー業界を新鮮な気持で楽しむことができました。

> 世界イケメン博覧会なのです
プレイ中はヘルメットかぶるから、顔が隠れて残念だわ~。
あ、イケメンで思い出したけど、"Body Check" のなかで、「自前の歯を持ってる選手はいない」というセリフがありました。
やっぱり欠けた前歯はホッケー選手の勲章ですかね? みんな入れ歯(差し歯?)をしているのかしらん。(笑)
2010年08月23日 (Mon) 22:12














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。