この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mortal Danger/Eileen Wilks

Mortal Danger (Lupi)Mortal Danger (Lupi)
(2005/11/01)
Eileen Wilks

商品詳細を見る


World of the Lupi シリーズ 2
Lupiの世界にすっかり引き込まれてしまいました。
パラノーマル
まほろば的評価 ★★★★

リリーはブライズメイドのひとりとして、姉の結婚披露宴に出席していた。
その最中に、デーモンに襲われる。
どうやらデーモンは、3週間前に一応決着した事件の犯人グループの残党と関係があるらしい。
残党逮捕のため、リリーは FBI 魔術犯罪捜査課(Magical Crime Division。略してMCD)の特別捜査官として捜査に乗り出す。
だがそこには敵による、大きな罠がしかけられていた。

なんかいきなりデーモンなんてものが登場してますねぇ。^^;
えっと、大まかに説明しますと、ルピは The Lady という神さまが作りました。
The Lady には敵がいまして、She とか Goddess とか呼ばれています。ルピはその She を滅ぼす存在と言われています。
当然 She は自分の身を守ろうとするわけで、ルピを殲滅しようとします。
She は自分の分身(avatar)を地獄(Dis)に派遣して、地獄の領主のひとりと手を組みます。
領主の手下がデーモンで、身長1メートルそこそこのオレンジ色した、カンガルーのできそこないみたいな下級魔物だったというわけ。
1巻でも2巻でも She の手下は退治されるけど、肝心かなめの She 自身はまったくの無傷なわけで。
リリーとルール、そして仲間たちが She の手下と戦っていく……このシリーズはそういう話なのかな???(実はよくわかっていない (^^ゞ)
The Lady も She も本人たちはまだ登場していないし、これから登場するとはかぎらないし、先が全然見えません。

さて、主人公のリリーとルールの話を。
知り合ってまだ1ヶ月にもなってないから無理はないんですが、いまひとつ理解しあうまでには至っていません。
でも、最後にはひとつ階段をのぼることができました。これからもこうやって少しずつ進んでいくんだろうな。
それにルールには、まだまだたくさんの秘密がありそう。今回わかったことだけでも、かなりリリーはショックを受けてるし。わたしもびっくりしたけどね。
人間がルピと付き合うのは、なかなか大変そうです。
それから、リリーのお祖母さんが気になります。
中国に行ってきま~す、と退場してまったく音信不通になっちゃったんだけど、どうしてるのかな? サプライズで再登場してくれるといいんだけど。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。