この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whirlwind Affair/Jacquie D'Alessandro

Whirlwind AffairWhirlwind Affair
(2002/10/29)
Jacquie D'Alessandro

商品詳細を見る


公爵家3男ロバート君。幸せな結婚生活を夢見て、ただ今婚活中。
1.Whirlwind Wedding
2.Whirlwind Affair
の順番でどうぞ。
ヒストリカル リージェンシー
まほろば的評価 ★★★★

愛する夫が決闘で命を落としたとき、アルバータ(アリー)・ブラウンの世界は崩壊した。
浮気、詐欺、窃盗、強請り……未亡人になって初めて知る夫の真実は、容赦なく彼女を打ちのめす。
やがて遺品の中から紋章付き指輪が見つかり、それを正当な持ち主に返すため、アリーはアメリカからイギリスへ渡る決心をした。
しかし、〈海の貴婦人号〉に乗ったその日から、なぜか次々と事故に見舞われるようになる。そして、いつも誰かに見られているような気配。
アリーは自分でも気づかぬまま、危険に身を投じていたのだった。

アリーがはるばるイギリスへ渡ったのは指輪を返すためですが、喧嘩別れしたエリザベス、ブラッドフォード公爵夫人(前巻のヒロイン)と仲直りするためでもありました。
イギリス滞在中は、公爵家の本邸に宿泊する予定でしたが、折悪しくエリザベスは出産直前だったため、港へ迎えに行くことができません。
代わりにアリーを出迎えたのが、公爵の末弟、ロバートです。
このロバート君、ぴっかぴかの好青年でねぇ。
器量よし、性格よし、ユーモアたっぷりで趣味はお兄ちゃん公爵をからかうこと。3男だから爵位からは遠いけど裕福で、子供好きで、非の打ちどころなし!――といいたいところだけど、ひとつ欠点がありました。
彼、救いようのない音痴です。(笑)
両親の愛に育まれ、きょうだい仲もよく、友人にも恵まれ、悪い女にひっかかることもなく(笑)、特にこれといってトラウマを抱えることなく成人した、ロマンス小説ではまれに見るこの御仁、さらにその希少価値を高めているのが、幸せを夢見て婚活中だということ。
「結婚なんか絶対にイヤ!」、「お金が必要だから or 名誉のため or 跡継ぎが必要だから、仕方なく結婚」というヒーローが普通のこの業界(笑)に、かわいい女の子と結婚して、かわいい子供をいっぱい作るんだ~♪なんて夢見るヒーローは初めてですよ。(爆)
で、このロバート君の運命の女性が、アメリカからやってきたアリーだったわけです。
立て続けにふりかかる危険からアリーを守りつつ、傷ついて頑なになった心をときほぐし、結婚までもっていこうと奮闘するロバート君の活躍ぶりが大いに楽しめます。
本人は、「なんでややこしいことのない、イギリスの女の子を好きにならなかったんだろう?」なんてぼやいてますけど。
今までの人生が順調すぎましたもの。少しは苦労してもらわないとね。(笑)

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。