この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Precious Jewel/Mary Balogh

A Precious JewelA Precious Jewel
(2009/11/24)
Mary Balogh

商品詳細を見る


読んでいてひたすら悲しかった……。
ヒストリカル リージェンシー
まほろば的評価 評価不能



また評価不能かい!!と自分で突っ込んでおきます。(苦笑)
"Alpha and Omega" の場合は、たった70ページの本当にプロローグにしかすぎない内容で、例えて言うなら「全部で400ページある本の最初の50ページしか読んでいないのに評価なんてできないよね」的なもの。
この "A Precious Jewel" の場合は、「確かに名作だとは思うけど……すばらしい作品だとは思うけど……繰り返して読みたいとは思わない」的なもの、とでも言いましょうか。
うーん、うまく説明できない。
わたしの場合、普通すばらしいと感じた作品はイコール好きな作品なんですけど、この本は好きじゃないです。嫌いとまでは言いませんけど。^^;
ヒーローはいわゆるベータ・ヒーロー、ヒロインは現役バリバリの娼婦という異色カップルのお話です。
わたしはベータ・ヒーローが嫌いじゃないし、ヒロインは健気で好感を持ちましたが、やっぱりお金のやり取りをする関係は辛い。
でも、バログはヒーロー&ヒロインの心の動きを描写するのがとても上手で、話の展開も説得力があって、「辛いなぁ、悲しいなぁ」と思いながら最後まで読んでしまいました。
読み終わったときには、感情的にぐったり。(苦笑)

"Dear Reader," で始まるバログのメッセージに「きっと拒否されるだろうと思いつつ、原稿を編集者に渡しました」と書いてあることからもわかるように、かなり読み手を選ぶ作品だと思います。
初版が1993年。今から17年前にこんな話を書いてたんですね、バログって。
2000年の AAR Top 100 Romances で40位に入っていますので、読者の受けはよかった模様。
もし日本で翻訳が出たら、どんな評価を受けるでしょうね?

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(4)   Trackbacks(0)

Comment

kuropika URL ≫ EDIT
何というか…
まほろばさん、こんばんは。

私もこの本、好きとは言えません。
amazonの★5つのレビューと1つのレビュー両方の意見に頷ける。
ヒーローも私が大好きなバログの他ベータ・ヒーロー達とは全然タイプが違う。

評価も最初、迷いながら4つ星つけたんです。
読書中は辛いものがあったけど、私はエンディングで泣かされたので「待てよ・・・」としばらく間をおきました。
その間、何というか、こういう人たちの、こういう生き方やロマンスが存在してもいいなじゃないかという共感の思いが沸いてきて、著者が敢えてこの作品を描いた意味がわかるような気がしたので最終的には★5つにしたのですが、バログ作品をたくさん読んでいなかったら、もし初めて読む作家の作品だったら、正反対の評価をしたかもしれません。
評価不能というお気持ち、わかるような気がします。
2010年01月13日 (Wed) 00:16
まほろば URLEDIT
こんばんは~♪
この "A Precious Jewel" を読んだあと、無性にお手軽ラブコメ系のロマンスを読んでお口直しがしたくなってしまいました。(^^ゞ
バログは、あと "The Secret Pearl" が待機中なんです。でも、確かこれもヒロインが――だったような……。もうしばらく寝かせておくことにします。
2010年01月13日 (Wed) 21:53
むらさき URL ≫ EDIT
本年もよろしく
まほろばさま、あけましておめでとうございます。
で、、とうとうお読みになったんですね。
再読は結構という感じですか?そうですねぇ、これって傷に鞭打つ生々しさですもんねぇ。

わたしは初バログがこの作品で、しかもロマンスのマイベスト3というくらい好きなんですが、たしかにちょくちょくは読み返しませんわ(^^;;

どこが好きって、バログの妥協しない追求が好きなんですよねぇ。
女性の価値とか、男性にとって都合のいい貞操とか、妻って何?とか、もやもやとした不満や怒りがわたしの内にあって、それがこの本を読んで少し癒された気がしました。
もちろん楽しかったってわけじゃないですけど、女って何だろうと悩む同志を見つけた、っていうか、読みたいと思っていたものが読めたって感じかな。

たぶん結婚生活に疲れた女が読むとずしんと来るのかもしれないです(わは!)

(追記 Alpha&Omegaは、裏切りの、、を読んだ方がずっと面白いですヨ、やっぱ)
2010年01月13日 (Wed) 23:10
まほろば URL ≫ EDIT
こちらこそ本年もよろしく♪
むらさきさん

> バログの妥協しない追求

たしかにいろいろと考えさせられる問題が提示されていましたね。おかげでかなり消耗しました。^^;

> Alpha&Omegaは、裏切りの、、を読んだ方がずっと面白いですヨ、やっぱ

あら、やっぱりそうですか?
マーシーは全然読むつもりがなくて、とりあえず背景だけ知識を仕入れておけばいいか、と思っていたんですけど。
うーーーーむ。
2010年01月14日 (Thu) 19:27














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。