この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lover Avenged/J.R. Ward

Lover Avenged: A Novel of the Black Dagger BrotherhoodLover Avenged: A Novel of the Black Dagger Brotherhood
(2009/11/24)
J.R. Ward

商品詳細を見る


Black Dagger Brotherhoodシリーズ 7
いばらの道を王は往く。だが、その道程は決して孤独ではない。
現代 パラノーマル
まほろば的評価 ★★★★★

「王は死ななければならない」
評議会のメンバーからラス暗殺計画を持ちかけられたとき、リヴェンジの運命は大きく動き出した。
“陰謀”というご馳走を目の前にさし出され、リヴェンジのシンパス(symphath)の血が騒ぐ。だが、シンパスであることは、決して誰にも知られてはならない秘密だった。
シンパスは社会病質者。見つかれば直ちにヴァンパイア社会から追放され、コロニーへ隔離されてしまう。
母マダリーナ、妹ベラ、ゼロサムで働くヘックス、アイアム、トレッズ。初めて心から愛した女性エレーナ。リヴェンジには守られければならない大勢の人々がいた……。


麻薬取引や売春、殺人に手を染める悪の面と、家族や仲間を大切にする善の面、相反する二つの面を持つ複雑な人物、リヴェンジがヒーローとして登場です。
ヒロインは、ハヴァーズのクリニックで働く看護師のエレーナ。もともとは貴族階級の出ですが、父親が破産をきっかけに精神に異常をきたし、母親は死亡。エレーナは父親の世話をしながら看護師のお給料で細々と暮らしている、優しい孝行娘です。
リヴェンジはシンパスの能力を抑えつけるドーパミンを手に入れるため、定期的にクリニックを訪れています。
そこで二人は出会いました。
二人がどんどん惹かれあっていく様子は、ちゃんとロマンス小説してますのでご安心を。(笑)
で、リヴェンジの悪の面がばれて二人の間に亀裂が走るのはお決まりのパターンなわけですが、ここぞという場面でエレーナは見事に肝っ玉の太いところを見せてくれます。
エレーナってほんといい人だ~。(いい人すぎるという言い方もあり ψ(`∇´)ψ)

ラスの暗殺計画に始まる貴族階級との確執、リヴェンジがシンパスのプリンセスに長年脅迫されてきた事件、オメガの息子がレスニング・ソサイエティ運営のための資金稼ぎに麻薬取引を始めたことによって起こる縄張り争い、さらにはレスニング・ソサイエティとシンパス社会が結託してヴァンパイア社会と敵対、と物語はめまぐるしく展開していきます。
おまけにこの巻ではラスとベス、特にラスに大きな転換期が訪れます。ヴァンパイアの王としての踏ん張りどころです。
がんばれ、ラス! BDBとベスが味方についてるぞ!

最後に。いばらの道を往く王さまは、ラス一人だけではありません。それがどういうことかは、読んでのお楽しみ~~ということで。(^^)v

おまけ:Xhexをヘックスと読んでいましたが、ゼックスだそうです。言われてみれば、Xeroxがゼロックスですものね。

2010.05.18追記
再度の訂正です。Xhexは、「ヘックス」です。^^;
"Lover Avenged" のオーディオブックを聞かれた方が、「オーディオブックでは Xhex をゼックスと発音してましたよ~」と親切に教えてくださったのでした。
がっ、最近になって、J.R. Ward の "Lover Mine" のインタビューを You Tube で見つけたんです。
そしたら、Ward はしっかり「ヘックス」と発音してました。^^;
まあ、作者が「ヘックス」っていっているんだからまちがいはあるまい……。(笑)

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(12)   Trackbacks(0)

Comment

まほろば URLEDIT
nontaさんへ
メール受け取りました。
メールアドレスだけ消すことはできないので、コメントそのものを削除させていただきました。
どうかご了承くださいませ。
2009年12月07日 (Mon) 20:54
ゆい URL ≫ EDIT
頭字語
BDBシリーズは頭字語が多いので、うんざりする時ありませんか?
頻繁に出てくる頭字語ならパッと脳内変換できるのですが、初めてや、たまぁ~~にしか出てこない頭字語だと「これは何だろう??」って悩んでしまうので、あまり頭字語を使ってほしくないです。Lover Avengedでも2,3個、??な頭字語がって、悩んだ挙句、結局はオンラインでチェックするはめに・・・ 本当に面倒でした。

P.S.
Trezですが念のためオーディオブックで聞いてみました。
耳を澄ませて良く聞いてみると、「トレェズ」の方が近いような気がしないでもないです。
(あの後、コメントを追加したのですがご覧になってないかもしれないので、念のため・・・)
2009年12月08日 (Tue) 07:18
まほろば URLEDIT
ゆいさん

うんざり、というよりは当惑してます、わたし。
たとえば
When he was in the B, iAm disappeared ..........
「は? Bとな? Bとは何ぞや? う~みゅ……(しばらくしてから) あ、リヴェンジの愛車のベントレーのことだ ^^;」
なーんてね。
2009年12月08日 (Tue) 18:37
ゆい URL ≫ EDIT
大変失礼いたしました
まほろばさん、こんばんは。

今頃気付いているとんでもない私ですが、前回コメントさせて頂いた時、ご挨拶もしないでいきなり本題に入ってしまいました。 (//^^//)
ご無礼、どうかお許しくださいね。 m(_ _)m
2009年12月10日 (Thu) 01:22
まほろば URLEDIT
ゆいさん

いやいや、そんな畏まらなくても大丈夫ですよ~。
どうぞこれからもお気軽にコメントしてくださいまし。(^^)
2009年12月10日 (Thu) 05:53
LARA URL
こんばんは!
リヴェンジの主役のこちらの本とっても面白そうですねぇ~!
まほろば様の感想アップとっても楽しみに待ってました。
ザディストの本を読んだときに登場したリヴェンジとっても気になってたんです。
私は英語がダメなので、邦訳出版されるのを首を長~~くして待つしかありません。
とっても待ち遠しいです。
ネタバレのチャットも読んでみたいけど・・・
激しく葛藤中です(^_^;)
しかしリヴェンジの日本語版が出るのはまだまだ先のようですし非常に気になります。

ではでは、これからも色んな洋書の感想楽しみにしてます!
2009年12月10日 (Thu) 22:30
まほろば URLEDIT
コメントありがとうございます
LARAさん

> ネタバレのチャットも読んでみたいけど・・・

邦訳オンリーということは、今のところ3巻まで読まれたということですね。
う~、ネタバレチャットは読まないほうがいいかも、です。(^^ゞ
2009年12月11日 (Fri) 05:21
INUAMA URL
はじめまして
まほろばさん、はじめまして。INUAMAと申します。ここ1年ほどすっかりロマンスにはまってしまいまして、まほろばさんのブログもとても楽しく読ませてもらっています。邦訳オンリーだったのですが、BDBはAwakenedの翻訳が待ち切れず、原書に手を伸ばしてしまいました。いまAvengedにとりかかったところなのですが…これまでのもそうだったのですが辞書で調べてもわからない単語がとても多くてすっきりしないんです(雰囲気はわかる?のですが)。ちょっと今へこたれています。まほろばさんはどんな辞書を使われていますか?
ところで私はけっこうフュアリーがお気に入りだったりします。永久にクビなんでしょうかね?レイラさんのロマンスも書いてほしいと思いませんか
2009年12月17日 (Thu) 10:46
まほろば URLEDIT
こちらこそ、はじめまして
INUAMAさん

> ちょっと今へこたれています。

全然へこたれることなんてないですよ。
わたしだって100%理解して読んでいるわけではなく、結構あやふやなところがあります。
楽しんで読むのが一番!

> まほろばさんはどんな辞書を使われていますか?

無料辞書サイトだと、 『英辞郎on the WEB』 を結構利用しています。
http://www.alc.co.jp/index.html

> フュアリー
> 永久にクビなんでしょうかね?

ふっふっふ、"Lover Avenged" 14章をお読みください。INUAMAさんの疑問は解決しますよ。(^^)v

2009年12月17日 (Thu) 18:44
かいけママ URLEDIT
はじめまして
はじめまして。かいけママと申します。
最近このシリーズを知って、一気読みしてしまいました。
結構皆さん読んでおられて、人気のあるシリーズだったのですね!
次が出るの待ち遠しいですね~

殿堂入りのお勧めの本、ちょうど注文しようか迷っていたのです。
早速読んでみます♪
2009年12月17日 (Thu) 23:12
まほろば URLEDIT
コメントありがとうございます
かいけママさん

> 最近このシリーズを知って、一気読みしてしまいました。

シリーズを全部読まれたんですね。
それでは『LAチャットその1~その5』の記事も是非どうぞ! ――と宣伝(笑)
殿堂入りは、どの本に興味を持たれていたのでしょう?
楽しい読書ができますように♪♪
2009年12月18日 (Fri) 05:47
かいけママ URLEDIT
The Passionです
こんにちは♪
興味を持ったのはThe Passionです!
読んでみて(いつになるかわかりませんが)、またお邪魔しますね。
本を読んでいる間は、日常生活を忘れられるので、幸せです。
(日常生活がつらいというわけでは、、、。
う~む。やっぱり辛いのか??? あ、すみません、独り言です。)

チャット見せていただきましたv-10楽しそ~
あとでまたゆっくり読ませていただきますね~
このシリーズでお話ができるなんて思ってもいなかったので、
とってもうれしいですv-238


2009年12月19日 (Sat) 14:10














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。