この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Every Breath You Take/Judith McNaught

Every Breath You TakeEvery Breath You Take
(2006/09/26)
Judith McNaught

商品詳細を見る


"Paradise"から始まるスピンオフ第4弾。
1.Paradise 『パラダイスを君に』
2.Perfect
3.Night Whispers 『夜は何をささやく』
4.Every Breath You Take
の順番でどうぞ。
ロマンス小説の典型的な筋立てに添ってストーリーが進むので、先が見えているといえば見えている。でも、なぜかはらはらどきどきしてしまうのです。
やっぱりマクノートはいいなぁ♪♪
コンテンポラリ
まほろば的評価 ★★★★
単独で読んでも十分おもしろいですが、1と2と4のヒーローは仲良しこよしなので、順番どおり読んでいくとさらに楽しめますよ。4には1と2のヒーロー&ヒロインが元気な姿をみせてくれるという、ファンにはうれしいおまけつきです♪ 
わたし的には3はオススメしません。2で登場した脇役のFBI捜査官が3にも出てくるだけという薄い繋がりですし、内容的にも全然おもしろくなかったので。3は読まなくてもいいです。(そこまで言うか?(笑)) 一番好きなのは、2の"Perfect"。ハンカチを片手にうるうるしながら読みました。いつ翻訳されるのかなあ? 待ち遠しくてたまりません。是非みなさんにも読んでいただきたい本です。

おっと、話がそれてしまいました。(^^ゞ
シークレットベイビーもの、復縁もの、ボスと秘書もの、シークもの、偽装結婚もの等々、ロマンス小説のストーリーの骨格はたいていそのどれかに当てはまり、さらに必ずハッピーエンドになる(もちろん例外があって、読者は「こんな結末、ロマンス小説にあっていいのか~」と悶絶することもある ^^;)という決まり(?)があって、この"Every Breath You Take"も例外ではありません。でも、ハラハラドキドキするんですよ、すっごく。結末はわかっているのに、次はどうなるんだろうとページをめくらずにはいられません。しかも、ヒーローとヒロインのあいだに生じる数多くの誤解には無理がなく、読者も素直に「こういう状況では仕方ないよね」と納得して、主人公たちが感じる怒りにも、そして怒りからとってしまう理不尽な行動にも共感を覚えてしまうのです。

最後の3ページににわたるエピローグらしきものによると、まだまだスピンオフは続きそうです。ヒロインはすでに決まっているようですが、ヒーローは誰になるのかな?

君に鼓動をかさねて 上 (1) (MIRA文庫 JM 1-1)君に鼓動をかさねて 上 (1) (MIRA文庫 JM 1-1)
(2008/03/15)
ジュディス・マクノート

商品詳細を見る


君に鼓動をかさねて 下 (3) (MIRA文庫 JM 1-2)君に鼓動をかさねて 下 (3) (MIRA文庫 JM 1-2)
(2008/03/15)
ジュディス・マクノート

商品詳細を見る


こう言ってはなんですが……、この本、2冊に分冊するほどの量はないと思うんだけど。^^;

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(0)   Trackbacks(0)

Comment















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。