この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Just the Sexiest Man Alive/Julie James

Just the Sexiest Man Alive (Berkley Sensation)Just the Sexiest Man Alive (Berkley Sensation)
(2008/10/07)
Julie James

商品詳細を見る


ハリウッド一のセクシー俳優も、シカゴから来た弁護士には形無し。
コンテンポラリ
まほろば的評価 ★★★★★
テイラー・ドノヴァンはシカゴに本社をおく、国内でも有数の法律事務所に勤める、出世街道まっしぐらの有能な若手弁護士。
今回、ロサンゼルス支社がセクハラ訴訟の被告弁護をすることになったため、テイラーは担当者として一時的にシカゴから転勤になった。
この訴訟に勝てばさらなるステップアップに繋がる。ヤル気満々のテイラーに、ある日上司からお呼びがかかった。
「法廷映画で弁護士役を演ずることになったジェイソン・アンドリューに、弁護士とはどういうものか技術指導してほしい」
セクハラ訴訟を間近に控え、大忙しのテイラーはなんとか断ろうとするが聞き入れてもらえない。
渋々承諾したものの、当のジェイソンは一向に姿を現さず……。

いや~、すっごくおもしろかった
普通だったら4、5日かかるところを一気に2日で読んでしまいましたよ。
死人なし、狼人間なし、ヴァンパイアなし、国家存亡の危機なしのロマンスオンリー。そしてなによりもベッドシーンがない。(笑)(大団円を迎えたあとのエピローグ的ラストは除く)
最近の過剰なセックス描写傾向には満腹気味だったので、本作の爽やかさには新鮮味を感じるほどでした。
ベッドシーンはなくても、十二分にロマンチックで胸キュンの物語を書くことはできますよね。ロマンス小説の原点に帰ったような作品を読むことができて大満足です。
ヒーローのジェイソンは2度もオスカーを受賞した演技派で、しかも世界一セクシーな男に選ばれた、ハリウッド・ナンバー1の人気俳優。
で、性格は高ピーな嫌な奴です。(爆) 据え膳食って、ポイと捨てちゃうような男。回りからちやほやされるのが当たり前になっているので、技術指導を本気で嫌がっているテイラーに興味をそそられます。
そして、その興味がどんどん大きく深くなっていって、いつもは女性たちから追いかけられているジェイソンが、追いかける立場になります。
仕事第一のテイラーになかなか振り向いてもらえなくてジタバタする、プレイボーイ形無しのジェイソンには大いに笑わせてもらいました。
わははと笑って、要所要所でホロリ、そしてハリウッドならではのゴージャスでロマンチックな場面もあり、読んでいてとても楽しかったです。

この "Just the Sexiest Man Alive" は、ジュリー・ジェイムスのデビュー作です。
1作目がこんなにおもしろいなんて、これからが本当に楽しみな作家さんですね。

■ Julie James ホームページ

ちなみに、わたしにとっての The Sexiest Man Alive は、この方です。

Mr. Thornton

うっとり 


嫌いだけど大好きなあなた (マグノリアロマンス JJ- 1)嫌いだけど大好きなあなた (マグノリアロマンス JJ- 1)
(2010/07/09)
ジュリー・ジェームズ

商品詳細を見る

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(3)   Trackbacks(0)

Comment

kuropika URL ≫ EDIT
まほろばさん、こんばんは。
これ、私も次に読むことにします。(今読んでる本にちょっと時間かかりそうですが)

>ベッドシーンはなくても、十二分にロマンチックで胸キュンの物語を書くことはできますよね

全く同感です!
何度も繰り返されるベッドシーンはかえって白けてしまいます。
もともと他人の性生活なんて知りたくない(爆)。
それは素敵なヒーローであっても同じです。
読者の想像にまかせてくれた方がずっとセクシーでロマンティックだと思うのです。(…って具体的には想像しませんよ。だからこそ、あまり具体的に書かないでほしい)。
2009年04月07日 (Tue) 20:38
まほろば URL ≫ EDIT
kuropikaさん、こんばんは♪♪
この本、本当にオススメです。
そして読んだあかつきには、ブログの感想の最後にkuropikaさんにとっての The Sexiest Man Alive の画像を貼ってください――って、だれの画像か、もうわかってますが(笑)
わたしもしっかり貼っちゃいましたよん (笑)
2009年04月07日 (Tue) 21:46
kuropika URL ≫ EDIT
まほろばさん、こんにちは。

良かった~♪ Mr.T、気に入って頂けたのですね!
画像の件、了解ですっ!(笑)

2009年04月08日 (Wed) 13:48














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。