この表紙がおもしろい(旧:読書記録)

洋書ロマンス本の表紙をピックアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Black Dagger Brotherhood -- An Insider's Guide/J.R. Ward

The Black Dagger BrotherhoodThe Black Dagger Brotherhood
(2008/10/09)
J.R. Ward

商品詳細を見る


Black Dagger Brotherhood(BDB)シリーズのガイド本。
J.R. Wardのディープな世界が展開していますので、ファンならばうれしい、そうでない人にとってはど~でもいい1冊。(笑)
個人的には、ディープすぎてちょっとついていけないところが……^^;
まほろば的評価 ★★★★

ガイドの内容はこんな感じ
■Father Mine
ザディストとベラに娘、ナラが生まれてから、"Lover Awakened" のエピローグまでのできごとを綴った短編。
ザディストは、エピローグですっかりいいお父さんしていたので安心していたのですが、そこに至るまでにいろいろあったのねぇ……、苦労の種は尽きないねぇ……という内容でした。^^;
普通ヴァンパイアの妊娠期間は18ヶ月ですが、ナラはなんと9ヶ月で生まれています。ベラは死にかけるし、大変な出産だったようです。

■The Brotherhood Dossiers
シリーズ1から6までのヒーローの、年齢や身長、体重、目と髪の色などの基礎的なデータ。
個人的なアンケート。
そして、J.R. Wardがそれぞれに個別にインタヴューする形式。

おもしろかったのは、ヴィシャスのアンケート。
心から愛しているのは?
 ――編物
今、どこにいる?
 ――お風呂
今、なにを着ている?
 ――ココナツとバニラの香りがする泡
親友は?
 ――レイジ。彼ほど強くて頭のいいヴァンパイアはいない。彼を教祖にして宗教を作るところだ。みんなに彼の偉大さを知ってほしい。
最近泣いたことは?
 ――昨日。いじわるブッチが俺の編み棒を隠した。俺はベッドで丸くなって、何時間も泣いた。

なんだ、こりゃ??? と思っていたら、次にヴィシャスがレイジをぼこぼこにしたという記述があって、おもしろいアンケートの答えはみんなレイジがいたずら書きしたことがわかるようになってます。

それから、1から6までの作品を書き上げる前段階の、簡単なストーリーの骨組みが載っていましたが、ここにダリウスの生まれ変わりはだれかしっかりと書かれていました。
なーんだ、これは黒に近いグレーゾーンにある謎だとばかり思っていたけれど、どーってことない単なる既成事実だったのね……。
でもね、ダリウスの生まれ変わりという人物は1983年生まれなのに、ダリウスが死んだのは2005年なのだ。それでどうやって生まれ変わりになるの? (笑)

■For Writers
J.R. Wardから作家希望の人に向けたアドバイス。

■The Black Dagger Brotherhood Proposal
"Dark Lover" を世に出すにあたって、Wardがエージェントを通して出版社に出した企画書のようなもの。

■Deleted Scenes
編集の都合や冗長であるという理由から、Wardが削除したエピソードを掲載。フューリーとコーミアの子供もちらりと出てます。

■Kicks and Giggles
Wardのお気に入りの抜粋

■The Brothers on the Board
Wardのサイトのなかの掲示板の抜粋

■Slices of Life from the Board
Wardが自分のサイトに掲載した、BDBのプチエピソード

■Question and Answer with J.R.
読者からの質問にWardが答えています

■Time Line of the Brotherhood
シリーズの登場人物たちの誕生年、transition、結婚などが時系列に並んでいます。

■Table of Abbreviations
わけのわからん略語集 (苦笑)

■The Old Language
ヴァンパイアの古語。ヒエログラフみたいな文字。

■The Brothers Interview J.R.
BDBのメンバーがWardの家に乱入し、突撃インタビュー。でも、騒いでいただけでインタビューになってないような……。

■In Memoriam
時は、"Lover Eternal" と "Lover Awakened" のあいだ。J.R. Wardがウェルシーにインタビューしたという設定。

■Exerpt from Lover Avenged
来年5月に出版される、リベンジの巻の抜粋。
でもこれ、腹が立つことにハードカバーで出るんですよ。買えないじゃないか。ぷんぷん。(わたしはハードカバーは買わない主義)
マスマーケット版が出るのはいつのことになるやら。しくしく。人気が出るとこれだから嫌になっちゃう。

ジャンル : 本・雑誌
テーマ : 洋書

Comments(5)   Trackbacks(0)

Comment

由良 URL
こんばんは。
どんな内容なのかなと気になっていましたので、レビューしていただいてうれしいです。
かなり…濃いですね。
リベンジの巻がハードカバーなのには私もショックです。
2008年11月24日 (Mon) 21:12
まほろば URLEDIT
由良さん

>かなり…濃いですね。
はい、かなりマニアックな内容でした。

> リベンジの巻がハードカバー
ハードカバーなんて嫌いだぁぁぁ、でございますです。(T_T)
2008年11月24日 (Mon) 21:51
Raquel URL ≫ EDIT
まほろばさん、こんにちは。

> ディープすぎてちょっとついていけないところが……^^;

わたしも短編目当てで購入したんですが、パラパラと見て読む気が失せてしまいました(苦笑)

> リベンジの巻

とりあえず予約してあるものの、ちらほら内容を聞くにつけキャンセルしようかな…なんて悩んでます。

ところで、"Slightly"シリーズ一気読みでしたが、Alleyne の巻だけ無視ですか(笑)?
2008年11月25日 (Tue) 07:06
まほろば URL ≫ EDIT
Raquelさん

> Alleyne の巻だけ無視ですか(笑)?

いいところを突いてきましたね。(笑)
つかみがどうも悪くて、1週間たっても30ページほどしか読めなかったんです。(^^ゞ
だんだん読むのが嫌になってきたのでアレインはすっぱりあきらめ、ウルフに鞍替えしちゃいました。へへへ。
そのうち……いつか……う~~む。(笑)
2008年11月25日 (Tue) 11:26
Raquel URL ≫ EDIT
こんばんは。
そういえば、わたしも Alleyne の巻はどーでもいいです(笑)
でも、4巻のラストとクロスする場面は、めっちゃ泣けますので、そこだけでもいいので読んでみてください。
2008年11月25日 (Tue) 20:45














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

まほろば

Author:まほろば
本の表紙を眺めるのが好きです。おもしろい表紙だなと思ったロマンス本(洋書のみ)をピックアップしてつぶやきます。(中身は読んでいません)
読書記録はブクログにお引越し。

リンク
つぶやき
最近のコメント
メールフォーム
一声かけていただけると、励みになります。(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

日めくりカレンダー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

りんく



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

RSSフィード
Powered
ブログ内検索
カテゴリ
シリーズ

BlackDaggerBrotherhood
NYブレーズ
InDeath
Fatal
マーシー・トンプソン
Slightly
PlaybyPlay
LadyEmily
Alpha&Omega
LatvalaRoyals
RichmondRogues
NavySEALTeam12

ブログ内記事ランキング
まほろば的殿堂入りロマンス本
次はコレ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。